写真の整理をしていると懐かしい写真が出てきました。

5年以上前の着付けの発表会で、若い20代の生徒さんが

お稽古している成果を音楽に合わせて着付けを見せてくれました。

華やかで若々しくて良いですね♪

若い女性が教室に来ると活気が有って良いです。

これは名古屋帯なんですが、短いので変わり結びがしにくいんです。

それでも一生懸命変わり結びを前で結んでお稽古していました。

 

この3人の内1人はたまに教室にお稽古に来てくれるんですが2人のお嬢様はもう

教室には通われていないんですが今頃どうしているかな?と

思いをめぐらせます。

 

若い女性は、浴衣の時期には浴衣レッスンに多く来られますが

きもののお稽古はとても少ないんです。

また若い女性にきものに興味を持ってもらえる社会になって欲しいです。

TPOとは、時 場所 場合に応じてと言う意味なんです。

きものもしかりで、今回の写真の生徒さんの着物と帯は

フォーマルの物で、式典やお茶会や結婚式なんかに使えそうなものですね♪

一生懸命お稽古した結果、格式の高い帯結びが出来るようになりました。

帯の柄と着物がマッチしていてとてもキレイに見えます。

 

お稽古して、キレイに着物が自分で着付け出来て帯結びも華やかに作れて

着物姿がとても美しく見えるようになった時・・

私はとても嬉しくなります。

 

 

まだ着付け教室のお稽古をしたことが無いと言う方はご存じないかもしれません。

初めて帯結びのお稽古をする時着物姿でなくとも、お洋服でお稽古をすることができます。

前結びの初めは二重太鼓の帯結びを体の前で結ぶお稽古になります。

初心者にはまだキチッと着れない着物をわざわざ着て、練習するよりも着慣れた洋服で練習する方が

速く上達するんです。

もちろん着物をきてお稽古しても構いません。

前結びの練習には、絶対にきものが必要と言う訳では無い事を折お知らせしておきます。

荷物が多い日や雨の日に前結びの練習だけする時には便利ですね。