着付け教室のお稽古でした♪

今回の生徒さんは親戚の方の結婚式に出席される予定があると

言う事で久々にお稽古に来られた方です。

はじめは洋服で出席の予定だったんですが、結婚される親戚の方から

着物を是非着てきて欲しいとリクエストされたそうなんです!

それはいい考えですよね!

やはり結婚式に留め袖の方がおられると式自体が引き締まると思うんです!

 

着て行かれる留め袖で練習しました♪

留め袖は少し重いのと、襟が二重になり着にくいんですが

前結びで整えて作ってキレイに着付けできるようになりました!

帯の方は袋帯で二重太鼓結びをしています。

久々の着付けお稽古でしたがなかなかキレイに

着物を着れました。

この調子で結婚式出席頑張ってください♪

 

久しぶりに来てくれた生徒さんの着付けのお稽古でした♪

長い間お休みされていても、けっこう体が覚えているものなんです!

色んな理由が有ってお休みされるんですが、やはり永くお稽古を続けられる

生徒さんも多く、きものをと長く付き合われる方が多いのだと思います。

きものは一単です、帯が可愛いので変わり結びをいろいろ復習しました!

基本の「二重太鼓」や「角出し結び」や「小町結び」 「うの花結び」とお稽古しました!

一度習った帯結びなので、サッサとできる様子でした。

ものすごく楽しいお稽古となりました。

一番ポピュラーな帯の結びかたである二重太鼓の練習をしました。

前結びでも袋帯で結ぶ二重太鼓が基本です。

丁寧に帯を重ねていきます。

前結びなので『太鼓の大きさ』『たれの長さ』をご自分の目で確認して

お太鼓をテープで帯を留めます後は手先をいでて帯絞めです。

鏡を見て帯を整えます。

出来上がったら、後ろにクルんっと回します!!

キレイに立体的に二重太鼓が出来上がります。

 

二重太鼓について調べておきました。

女帯の結び方の一つで、お太鼓結びの太鼓の部分が二重になったものです。

主として、丸帯や袋帯などを結ぶときに用います。

一重太鼓より格が高いとされています。

同じお太鼓結びでも、名古屋帯に比べて地厚な袋帯で結び

さらにお太鼓部分を二重にすることによってボリュームがでるので

主に正装用に用いられます。

留袖や訪問着などに合わせて格調高く装います。

と言う事でした。